神経性胃腸炎(胃炎)・ストレス性胃腸炎とストレスの関係、症状と原因と解消法

神経性胃腸炎(胃炎)・ストレス性胃腸炎

神経性胃炎・胃腸炎とは?

 

神経性胃腸炎、ストレス性胃腸炎とは、
内視鏡で検査しても異常が見つからないのに胃や腸に違和感や痛みなど症状がある病態です。

 

なぜこんなことがおこるのでしょうか?

 

ココロとカラダは繋がっています。
そしてストレスの影響を最も受ける臓器が「胃腸」であることを証明しています。

 

近年では、炎症が見つからないのに「胃炎(胃腸炎)」と呼ぶのはおかしいなどの理由から、
機能性胃腸症(障害)
機能性ディスペプシア
などと呼ばれています。

 

非常に多くの方が経験したことがあるこの神経性胃炎は、胃もたれなどが週に数回、みぞおちの症状や痛みが週に1回以上あれば、疑いがありと考えられています。
日本人の4人に1人、8人に1人とも言われている病気です。
誰しも強いストレス、慢性的なストレスを受ければ、このような病態になりえます

 

神経性胃炎、ストレス性胃腸炎では、どのような症状があるのでしょう?

 

吐き気
ムカムカする
痛み
胸焼け
食欲不振
寝れない場合もあります
薬の効果があまりない
慢性化しやすい
酸っぱいものが上がってくる
食後のもたれ
すぐお腹がいっぱいになる
みぞおちの痛みや灼熱感

 

などです。これらの症状自体がストレスとなってしまいまう大変つらい症状です。

 

では原因は?

 

ストレスが関与していることが最も有力である。

 

ストレスによって胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスが乱れによる
ストレスにより過剰な胃酸が分泌され、胃部の痛みや潰瘍がつくられる
ストレスにより胃の収縮が起こり腹痛や胃の痙攣がおこる
ストレスにより胃の運動機能低下、蠕動低下による消化不良、膨満感が起こる
ストレスにより胃の知覚過敏が起こる
これらの症状自体がストレスとなり悪化してしまう

 

 

■病院での治療
消化管運動機能改善薬・健胃剤
酸分泌抑制薬・消化剤
抗うつ薬、抗不安薬
ピロリ菌を除菌するための薬物療法

 

様々な治療がありますが

 

ストレス解消、ストレスを発散させるなどストレスマネジメントを行うこと

 

自分の体質に合わせた食事や漢方薬で胃腸を回復させる

 

この2点が本当に大切な治療であることを多くの方が語っております。


東洋医学と漢方薬の世界から見る「神経性胃炎(胃腸炎)」

おなかカウンセリング(ストレス消化排泄)

 

まず胃について知る必要があります。

 

私たちは飲食物を摂ります。食事はまず噛むことによって細かく噛み砕かれ、食道を通り、胃に運ばれます。
胃の中では強酸性の胃酸によって食物は粥状になり、十二指腸で胆汁と膵液と混ぜ合わされ小腸へ運ばれます。
この小腸で80%が吸収され、大腸へ運ばれ便として排泄されます。

 

時間で考えると食べた食事は、胃に2〜4時間、小腸で7〜9時間、大腸で10時間、便として排泄されるまで24〜72時間かかるとされています。

 

西洋医学的に考えても胃は消化するための大事な関所です。胃液と胃の蠕動によって食事が粥状になって腸にやさしく届けられるのです

 

■東洋医学と漢方薬の世界での「胃と胃気(いき)」
西洋医学と非常に近い解釈をしています。
胃は受納(飲食物を受け入れ)、水穀の腐熟(飲食物の消化)を主る。この機能を胃気(いき)と呼び、この機能以外に食欲も胃気に含まれる。胃気が良い状態とは食欲がしっかりとあり、受け入れる機能があり、消化機能もしっかりしていると言えるのである。

 

現代で言う「胃腸」はこの世界では「脾胃(ひい)」という概念に非常に近いものです。
この脾胃(ひい)は上記のような胃と小腸、大腸などの働きがあります。
簡単に説明すると、胃で消化して下へと送り出し、脾は消化した栄養を全身に運ぶので気血水を作る場所、体のエネルギーを作る大切な場所が脾胃というわけです。
このほかに、血を統血する(脾胃が弱ると出血しやすくなる)働きもあります。

 

脾胃は四肢と関連しているので、胃腸が弱ると手足がだるくなり、横になりたくなることがあります。

 

そして数千年前からわかっていた最も大切なのことが、
この脾胃が傷つくのは「落ち込む、考え過ぎる、クヨクヨする、抑える」思考・感情であるということです。

 

強いストレス、慢性的なストレスなどで落ち込むと脾胃が弱くなります。
落ち込むとは、明治維新まで東洋医学が医学の基礎であった日本文化では「脾胃の気が落ち込む」という意味だったでしょう。

 

そして逆のケースでいうと脾胃が弱くなるとクヨクヨと落ち込む、考え事にふけるなどの精神状態が起きやすくなります
脾胃が弱くなると食欲がなくなり、便通の異常や腹痛、ガスがたまったり、げっぷなどの消化器症状がでます。
またエネルギーを作る大切な場所であるので顔色が悪くなったり、横になりたい、やる気が出ないなど倦怠感におそわれることがあります。

 

大切なのはその方の体質に合った生薬が配合された漢方処方を服用することです。
なぜならこの神経性胃炎ストレス性胃腸炎でも万人が同じ症状ではないからです。
そして鍵穴(患者の病態・体質)に適切な鍵(漢方処方)を見つける力を持っている先生に相談する必要があります。

 

しかし、原因のストレスがなくならなければ同じ対応をしていかなければなりません

 

原因の根本を消化して排泄したいと思いませんか?


神経性胃炎・胃腸炎とおなか心理

おなかカウンセリング(ストレス消化排泄)

 

一般的な西洋医学的視点と東洋医学的(漢方)視点からみましたが、ここからがより大切なところです。

 

この神経性胃炎、ストレスによる胃腸炎、機能性胃腸症、機能性ディスペプシアと呼ばれるものの本当の原因とは何か?

 

どのストレスがが作用しているのか?

 

本当の原因とは何か?

 

この本当の原因を知らなければ、自分で自分の病気と症状を治すことはできません

 

 

この病気でのおなかはどう考えているのでしょうか(おなか心理)?

 

まず知るべきことは「胃腸」と「心理」です。

 

胃は飲食物の関所であり、消化場所であります。

 

こころとからだは繋がっています。

 

胃は他の大切な臓器に毒素が回らないようにする関所なのです。自分には受け入れることができないストレスも消化できず停滞するのです。

 

関所ですので、毒のようなストレスであれば吐き出すことができます。
しかし吐き出す場所や吐き出す相手が減ってきている現在の社会において吐き出せずに毒のようなストレスを体内で保持せざるを得ない状況に追いやられている。

 

そして「腸」は栄養を吸収して、カスは排泄するところです。免疫力を作るところでもあります。
エネルギーの源は腸で作っているんです。

 

要するに
ストレスを○○○○できないと胃腸を痛める、胃腸の機能を損なってしまうのです。

 

そして胃腸は身代わりになってくれます。多大な犠牲を払って

 

そしてあなたの「胃腸」は教えてくれています。

 

このストレスは○○○○できるか?できないか?を。。。

 

○○○を求めています。治すために。。

 

あまりにも○○○が多い場合、処理が追いつかずいっぱいっぱいになっている状況でも胃腸がこころを負担してくれます。
このシチュエーションでは、問題は一つでないということ。

 

○○○○の内容と以下文章の内容は、お問い合わせの回答、おなかカウンセリング中などですべてお伝えしています。

 

神経性胃炎、ストレスによる胃腸炎、機能性胃腸症、機能性ディスペプシアの本当の原因とおなかが訴える意味とは?

 

胃や腸の機能を低下させる特定のストレスとは?

 

胃や腸が痛みを出して訴えることとは?

 

ストレスを消化して、排泄する法則とは?

 

ストレスを栄養にして胃腸のエネルギーに変える法則とは?

 

神経性胃炎、ストレスによる胃腸炎、機能性胃腸症、機能性ディスペプシアを自分で治す方法とは?

 

もうストレスとお腹の症状に悩まされない極意とは?

 

あなたの胃腸に最も良い食事、呼吸、睡眠、体操、生活習慣とは?

 

上記の問いに対して、すべて自己治癒心理プログラム「おなかカウンセリング」にてお伝えしています。


おなかカウンセリングの内容

人気の新整体、おすすめの美容整体、愛知県名古屋市

 

カウンセリングとは依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことです。
ココロがすっきり軽くなる、悩みがなくなる、問題を解決する、ストレスが減るなどいろいろな効果が期待されます。

 

話を聞くだけのカウンセリングはしません、無駄な話もしません、できるだけ早く良くなるよう順序立ててお話しさせていただいております。
おなかカウンセリングでは、これらを実現するため、西洋医学と東洋医学、整体学、栄養学、養生術なども取り入れ、より深くご説明させていただいております。

 

そして一番大切な「こころの解放セッション」によって多くの問題を解決に導きますこのセッションは、世界で最も効果の高い心理改善手法のひとつを独自にアレンジしたものです。このセッションがあるから、「変われない」ことが「変わる」ことにできるんです。いろいろな本から学んでも、方法がわかっても、答えがわかっているのに変われない、すぐに戻る、うまくできない、それでも大丈夫なんです。意志が弱いからでも、自分が弱いからでもないんです。この手法によって可能となります。

 

おなかの症状を自分で癒す、治していくためには、ストレスに悩まされたり、悩みのないココロの状態にすることが大切です。それはまさにイキイキ毎日過ごせるということでもあります。

 

そして「体に教えるセッション」によって胃腸症状を自分で癒す方法をお伝えしております。本当に伝わるんです。症状が軽減してくることを目の当たりにすると感動する!!方も多くいらっしゃいます。なぜなら自分のカラダとコミュニケーションがとれたからです。

 

こころで起きたことは、こころで解決できるんです

 

上記のように通常のカウンセリングとは異なる、おなかの症状とストレスや悩みを持たれて苦しんでいる方の為の専門カウンセリングが「おなかカウンセリング」でございます。


こころとおなかからの便りメールマガジン!!

無料メールマガジン
「こころとおなかからの便り おなかメール」!!

 

全国にはストレスと胃腸症状(病気)で苦しまれている方々が沢山いらっしゃいます。
原因がわからない、薬での対応が嫌だ、効かない、根本治療になっていない、
検査してもわからなかった、ストレスも症状も苦しい、早く治したい、根本から改善したい
そんな方々に向けて「おなかカウンセリング」から得られた話、おなかの大切な話を織り交ぜて、
少しでも良くなっていただきたい思いで配信しております。

 

メルマガ購読・解除
 

カウンセリング予約

胃腸専門カウンセリング

 

ストレスは、臓器の中でも胃腸に最も悪影響を与えるものです。
そのストレスを解放することで、胃腸へのストレス悪影響をなくすことで、自己治癒力を回復させる。

 

これが「おなかカウンセリング」によって生まれるものです。

 

そしてなぜ胃腸の症状がでるのか?
なぜそのストレスを感じているのか?
どうすればより良い方向へ向かうことができるのか?

 

おひとりおひとり違います。

 

おなかカウンセリングは、ただお話を聞くだけのカウンセリングではありません

 

症状には、症状なりの意味を持っていることがあります。
そこを解明し、解放していくことが重要です。

 

そして「学び」を得ることを最終的に行います。

 

この学びによって、ストレス処理能力を向上させることができます

 

まず大切なのは、病気や症状は「悪・わるもの」ではないということです

 

症状や病気から読み取れることがあります。

 

カラダは、読み取って欲しいと思っています。

 

そこに重要な意味があるのです。

 

わたくしのカウンセリングを受けていただいた方のご感想を下記にご紹介します。

 

■女性のクライアントさまのご感想
ガス・おならの症状とその恐怖に悩まされていたご状況から激的に改善されてきました!!

 

■女性クライアントさまのご感想
嘔吐恐怖症・吐き気・胃に空気が溜まる症状を克服
↓↓↓クリックすると全感想が読めます↓↓↓

 

■大腸の左に違和感、腸の動きが悪く、お腹がすっきりしないなどの症状がある方の一回目の心理カウンセリング後の感想です。

ご感想

 

すごいスッキリしました!!
触っていたかった腸の左側の違和感や痛みが無くなって、すごく不思議です!!

 

胃の調整をしていただいて、胃が動くのがわかりました。
電話でもできのが不思議です。
細胞が生きているのを実感しました。

 

カウンセリング自体はじめてでしたが、凄くよかったです!!
普段気づけないものを引き出すことができて、問題点をクリアできる良いきっかけとなりました。

 

頑張り屋さんの人は特にほぐしてもらえる感覚で自分を肯定できるイメージで終われて満足です。

 

カウンセリングは勇気がいりますが、
是非一度受けてみる価値がありますよ。

 

 

■男性会社員のクライアントさまのご感想
siraisi

 

■福岡県 20代 女性のクライアントさまのご感想 
kannsou
kannsou

 

■女性のクライアントさまのご感想
siraisi

 

■愛知県 30代 女性のクライアントさまのご感想 
感想

 

■40代 会社員 女性のクライアントさまのご感想 
kannsou
kannsou

 

■30代 女性のクライアントさまのご感想 
感想

 

■20代 女性のクライアントさまのご感想 
kannsou

 

■活躍されているカウンセラーの方からもセッションを受けていただいたご感想を頂いております。
感想

 

 

 

〜ご相談いただいているお客様〜

 

全国からご相談を受け付けております。
中学生から60代の方までご年齢も様々です。
ストレスによって起こった病気や症状はストレスを解放し、解決することでその悪影響や負担がなくなり、その方本来の自己治癒力で自然に変化が出るものです
わたくしのカウンセリングを受けて、自然に症状や病気が治っていく方が非常に多いのは、
ストレスをしっかり解放し、そこから学び、活かすことで、症状がでる必要がなくなるからだと思っております。
はじめてカウンセリングを受ける方がほとんどです
当店は、初めての方でもご安心して、相談できる胃腸専門の心理カウンセリングです。
体からのアプローチとして漢方薬のご相談にも応じております。

 

〜電話カウンセリング&来院カウンセリング〜

 

奇跡の4回コース(総時間約140分)  金額43,000円(1回あたり10,750円)
※おなかカウンセリングは原因不明の胃腸病や不安恐怖などの悩みを持つクライアントさんの過去のセッション経験から毎日進化しております。数年前はセッションが30回ぐらい必要だった方が今では数回で終わるぐらい奇跡的なセッションが起きております。
毎日満員が続いており、より多くの方に4回で基本的に終了する形で提供し、一生の宝になる「自分との向き合い方」「自分の人生と病気の本当の意味」「自分でカラダを調整できる自然調整法の伝授」などを含めてお伝えしていきます
書籍にもどこにも書かれてないあなただけの人生の深い意味が詰まったおなかの症状を自己治癒してより意味の深い人生にされてください。

 

奇跡の4回コースの内容(ご自由にお選びいただけます)
◎1日で奇跡を起こす(1回約140分)
◎2回で奇跡を起こす(1回約70分×2回)
◎2回で奇跡を起こす(初回約100分、2回目40分)オススメ!!
◎3回で奇跡を起こす(初回約70分、約35分×2回)オススメ!!
◎4回で奇跡を起こす(約35分×4回)

 

単発でのセッション 1回約35分 11,000円

 

 

 

ご予約を先に頂いてカウンセリング開始前までにお支払いただいております。

 

お振込み口座

 

愛知銀行 東山支店 普通口座2025144
シライシシゼンリョウジュツイン シライシユウジ

 

■通話方法
以前はSoftbankやLINEのみ無料通話が可能でしたが
このたび、私の携帯がかけ放題になったため、日本国内の固定電話および携帯電話への
通話料金は無料で行えます。(通話料は当カウンセリング持ちです)
皆様のご要望をもとに、セッション料金のみで全国どこでもカウンセリングを行えるようになりました!!

 

予約可能日時は、下記お問い合わせフォームからご覧ください。

 

 

予約フォーム

 

※必ず返信しておりますので、届かない場合、迷惑メールや拒否されている可能性があります。
メールアドレスのタイピングミスも増えています。できましたらパソコンメールを書いてください。
その場合は、mail@touyouigaku.netを登録して、もう一度メールをください。

 

〜直接お会いしてカウンセリングを受けたい方へ〜
おなかカウンセリングの店舗がついに2014年6月に完成!!
しらいし自然療術院
http://www.kannpou-nagoya.com/
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通5−7−1 1階
TEL052-781-6577

 

お車:店の前に駐車場が一台停めることができます。
電車:地下鉄東山公園駅1番出口もしくは2番出口より徒歩15秒

 

営業時間10:00〜20:00
休日 第1第3土曜日・毎週日曜日・毎週水曜日・祝日
※水曜日は出張の為不在の場合があります

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 

☆重要なお知らせ☆

 

どうすれば改善の方向へ道が開けるのか?

 

どうすればストレスがなくなるのか?

 

どうすれば昔のような状態に戻れるのか?

 

どうすればいいかわからなくなった。。。

 

自分には何が必要なんだろう?

 

カウンセリング??

 

漢方薬??

 

整体からのアプローチ??

 

その他??

 

何が自分に最も必要なのか??

 

その疑問を無料でお答えいたしますサービスが始まりました。

 

↓↓↓↓詳しくは下記をクリック↓↓↓↓

 

 


よくある質問

 

Q.カウンセリングは初めてなんですが、大丈夫でしょうか?
はい。おなかカウンセリングを受けられる方の約7割の方は、カウンセリングが初めての方です。カウンセリングというと最初は抵抗感を感じる方もいらっしゃいますが、心理ワークとして捉えていただければと思います。ほとんどの方が初めてですので安心して受けていただけると思います

 

Q.どれくらいで改善しますか?治りますか?何回ぐらいで実感できます?
皆様同じ病名でも同じ症状でも経緯、体質、病態、そして人生、皆様それぞれ異なります。
2回で自己治癒できたという方から、症状はなくなったけど性格や人生の重荷に向き合い解決するべく行ってる方までいろいろなケースがあります。
実際、ご本人様が素直にカウンセリングに向き合い、腑に落とし、実践していただける場合、改善スピードが非常に早く感じております。
現在は「奇跡の4回コース」で充分な結果がでております

 


※一般的な改善の流れの曲線図(クライアント様の状態、経験、体質、ストレスなどの状況によって異なります)
現在の「奇跡の4回コース」ではこの流れを度外視する革新的なセッションです。なぜならご自身でも気づいていないような核心についてセッションを行いますからね。

 

Q.遠方なのですが、電話で行うのと来院して行うのと効果は違いますか?
来院されてもお電話でも効果は変わりがないです。
電話でのカウンセリングで効果が出る仕組みがありますのでご安心ください。こころに場所は関係ないですから。
電話だけで克服される方も非常に多いです。全国から相談を受けているためお電話での相談が非常に多く
実際、忙しい毎日で移動せず受けることが出来ると喜ばれております。

 

Q.どこに行ってもダメで、何をやってもダメでしたが大丈夫ですか?
正直そういったクライアント様のご相談は非常に多いです。いろいろ試してダメだったが、ようやくここにたどり着きましたとおっしゃっていただいております。
いろいろ試されて治らなかったには、何かしら理由や要因がある場合があります。そこに大切な意味があります。実際、そういうクライアント様も改善し、自己治癒で完治された方も沢山いらっしゃいます。

 

Q.心理的な変化で本当に自分で治せるのですか?
現代の病気に対し、ストレスが関わっている疾患は7割とも9割とも言われております。特に胃腸病や胃腸症状はストレスと最も深い臓器と言われております。
例えば、胃腸の中に5kgの重りをのせて毎日過ごしている人がいたとしたら、あらゆる症状を引き起こします。その原因の5kgの重りを外せばいいわけです。あとは人間が本来持っている自己治癒力にお任せしてあげればいいのです。風邪が自然に治るように人間には自然に治す力が誰でも備わっています。
毎日私たちは活動的に動いているのに誰が自分を動かしてますか?。。。。。。。こころですね。
こころからやると奇跡がいっぱい起きるんです。

 

Q.わたしは疑い深いのですが、先生のお話は本当ですか?
はい、実際に経験された方のご感想や経験、西洋医学、東洋医学、心理、整体学の観点からこのサイトを構築しております。
東洋医学では、考えすぎると、気にしすぎると胃腸が傷つくと言われております。その胃腸が慢性的に傷つくと「疑い深くなる」「囚われやすくなる」になります。
要するに
考える(気にする)⇒胃腸の負担⇒症状出る⇒不安や心配・失望⇒考える(気にする)
というサイクルに囚われてしまいます。

そこが一番「ストレス性胃腸病胃腸症状」の難しい所です。
ですから疑い深くて、囚われやすくても胃腸特有の性格的傾向の反映ですので、ご自身を責めないでください。
囚われから抜け出す、疑いを晴らすことがどれだけ重要かセッションでお話しております。
(ここがキーポイントの方も多くいらっしゃいます。それぐらい大切です)

 

Q.どれくらいのペースでカウンセリングを続ければよいでしょうか?
基本的には、クライアント様のペースに合わせて行います。
早く治したい方は、1日で終了するコース、オススメは2〜3回に分割して行って頂くといいですね
胃腸の悩みを数十年かかえていらっしゃるかたもいますから、本気で治したい時には、自己投資と思ってセッションを受けてください。必ず人生に数十倍になって帰ってきます。(クライアント様の経験とご感想でそう言って下さっています)

 

Q.体質的な胃腸の弱さ、数十年も悩んでいるこの症状や病気が変わりますか?
実際変わっている方がいらっしゃいます。数回では難しいと思いますが、ご本人様の変わる力があれば可能です。体質的、長年の思考のパターンや性格的な深い部分に関わりますので、人生自体もどんどん良い方向へ変化していく方が多いです。
4回コースで充分ですよ。

 

Q.どんな方が治りにくいですか?自己治癒できないケースってありますか?
先ほど、疑い深いことは胃腸病や胃腸症状をお持ちの方には多いと書きました。実際、セッションを受けていただき、「疑う」から「信じる」に転換することで回復スピードが上がることが多いです。逆にいつまでも信じれない、疑うこころから抜け出してはいけないと思っている方はなかなか治りにくい傾向があります。(セッションによって疑うが信じるに変われる方は多いです。なぜここの部分がそれほど大切なのかはセッション中にお聞きください。)
基本的にはご本人様がどのような方でも、どのような重症でも、その方が信じ、思考や感情を変え、行動を変化させることができれば自己治癒できると感じております。
逆に、絶対わたしは変わりたくないと強く思って頑なに拒む方は、なかなか自己治癒力を引き出さられないケースとなることが多いですね。
ただしそれも人生なり。

 

Q.漢方薬も併用すると良いですか?漢方薬だけでも治せますか?
まず併用すると、心理的側面と物理的側面の両方からアプローチできますから、非常に効果的です。
ただその分の1ヶ月あたりの費用は増えます。
漢方薬だけで行ってる方もいらっしゃいます。心理的側面の影響が少ない方は、漢方薬だけでも効果がでております。
わたくしのところでお出ししている漢方薬は、生薬の品質や処方を製造する際にもっともこだわりを持つメーカーの処方を用います。
わたくしは、胃腸病、胃腸症状を専門的にみてきていますので、お出しする処方(組み合わせ)などは独特かもしれません。
漢方薬は処方のセレクト(数千種類から選ぶ)と生薬の品質が命ですので、そこを最も重視してセレクトしております。
早く改善したい方には、ぜひ併用していただきたい自然療法です。
ただ現在の「奇跡の4回コース」では不要の場合が多いです。

 

Q.人生も変わりますか?性格も変わりますか?
過去の囚われから解放されますから、まず毎日が楽になります。性格的な傾向に影響を与えるような原因を癒した場合も性格が自然に変わっていきます。特に考えすぎる、気にしすぎる、心配しすぎる、不安な気持ち、恐れが解放されるとどれだけその方の人生にとって大きな影響があるのか、いろいろな方を見て、私自身の体験を通して実感しております。あきらめず続けていくことで人生の転機にしていけます。よくおっしゃるのが雲がかかっていたところが晴天に晴れた気分ですと言っていただいております。

 

最後に白石より一言!!!
このサイトは知っていただけど、悩んで悩んで、勇気を持ってやろう!!と決めて
セッションを受けてくださって、もっと早くやっておけばよかった、とお声いただきます。
現在は4回コースになりましたが、毎日奇跡の連続です。
おなかの症状や精神的なストレス、そして人生に隠された謎
このセッションを受けると人生までもより素晴らしいものに変わっていきます。
自信を持ってオススメしますが、受けてくださる方がどんどん増えている状況です。
自分にはこのセッションの金額の投資はもったない!!と思われたらまだやらないでくださいね。
それもまた人生なり。

 

 

おなかカウンセリング
白石ゆうじ


ホーム RSS購読 サイトマップ